民事再生とは

民事再生とは

民事再生とは借金を圧縮して債務整理する手続きのことになります。民事再生は家や車といった財産はそのままで、借金を減額し分割した残った借金を返済していくといった方法です。

民事再生は自己破産のように、借金返済の義務が無くなるわけではありませんが、財産を保有した状態で減額された借金を分割して返済することが可能であることがメリットです。自己破産のように一定の職業に制限が設けられたりすることもありません。しかし、全ての借金が無くなるわけでは無いため、減額された借金を3年以内に返済していかなければなりません。

また、民事再生では住宅ローンは対象とならないため、今まで通りの返済となります。さらに、民事再生を行ったことは信用情報機関に登録されるため、5年程度の間は新しくローンを組んだり、クレジットカードを新規に作成することが出来なくなります。

民事再生の手続きを弁護士等法律の専門家に依頼した際にかかる費用の負担も踏まえ、民事再生を行うことで得られるメリットとデメリットをよく把握した上で、結論を出すようにしなければいけません。民事再生は個人でも会社でも行え、どちらも同様に財産を保有した状態で、借入金の減額が可能です。

民事再生の他に借金の解決策としては自己破産、任意整理などがありますので、いずれの内容が自分に適した解決策であるか、よく検討しましょう。
弁護士等に相談をすることで、最善の策で借金を解決することが出来る場合も少なくありません。最悪の事態になる前に、早めに行動にうつすことが大切だと言えるでしょう。


「民事再生を考えてみよう」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析