個人民事再生を知っておこう!

個人民事再生を知っておこう!

個人の民事再生には2種類の方法があります。まずは小規模個人再生です。
無担保の借金が5000万円以下であること、再生計画案に対して債権者又は金額で2分の1以上の同意が得られることなどが申し立ての可能な資格となります。小規模個人再生では将来継続的に収入があることも条件となります。

もう一つが給与所得者再生です。無担保の借金が5000万円以下であること、給与や定期的収入の変動幅が小さいことが条件となります。過去7年以内に免責決定を受けていないことも条件となります。
ただし免責決定を受けていても、給与所得者再生は無理でも小規模個人再生で申し立てすることが可能となっています。

いずれの場合も原則として3年以内で返済することが必要です。民事再生は会社だけでなく、個人でも申し立てが可能な債権整理法の一つです。家族のため、住居などの財産をそのままで整理できる方法が民事再生ですので、個人の方の多くも民事再生の申し立てを行っています。

また申し立てを行うことで差し押さえや競売の中止が可能です。まずは全くの返済不能となってしまう前に、個人民事再生を行うことが大切です。民事再生には手続き負担が大きいため、用意出来る段階で個人民事再生を行わなければいけません。

民事再生は個人、会社が再建できるために設けられている法律ですので、返済不能となるおそれが出たなど、早い段階で申し立てを行うようにしましょう。また申し立てを行うことでデメリットとなる部分もよく検討した上で、申し立てを行いましょう。


「民事再生を考えてみよう」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析