民事再生手続きの注意点とは

民事再生手続きの注意点とは

民事再生の手続きにはいくつかの段階があります。
まずは必要書類の準備です。次に民事再生申立書の作成、民事再生の申し立てとなります。法律の専門家に依頼する場合、書類の収集、準備など、指示されます。

そして民事再生の申し立ては申し立て者の居住する地方裁判所にて行います。その後、裁判官との面接、債権者決議、再生計画案の認可決定を経て、再生計画案に基づいて債務の返済を開始する流れとなります。民事再生の手続きは、申し立てから返済開始までおよそ半年程度です。

また必要書類の作成時には、利息制限法に基づく上限金利の引き直し計算などが含まれますので、法律の専門家に相談、依頼するようにしましょう。無料法律相談なども活用して、民事再生が自分に適した方法かどうか事前に確認した方がよいでしょう。
再生計画案通りに返済が行われると認められなければ認可されませんので、この点にも十分注意しなければいけません。

民事再生は、借金の原因などには関係なく、申し立てが可能です。例えば、ギャンブルなどによって出来た借金であっても、民事再生することが可能なのです。どういった内容であれ、早期に解決する方法であること、その為に、手続きを早期に行うことが大切です。

また個人民事再生手続きの際、小規模個人再生か給与所得者再生によって違いが発生しますので、メリット、デメリットを踏まえ専門の法律家に相談した上で手続きを行うようにしましょう。


「民事再生を考えてみよう」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析