任意整理とは

任意整理とは

債務整理には任意整理があります。任意整理とは弁護士等が債権者と交渉し、元金の減額、分割、金額などを和解契約する手続きです。任意整理は裁判所手続きなどを行わずに直接交渉で行われ、過払い金請求などの手続きを含めて行われます。
多重債務の場合、数社との交渉が発生するため、個人で行うことは非常に難しいでしょう。

任意整理は借金の義務が無くなるわけではありませんが、多重債務で返済額の見直し、過払い金返還請求を行うことで返済額が減額され、なおかつ安定した収入があるため返済は継続して行っていける場合、非常に有効な手続きだと言えるでしょう。

特に多重債務となった場合は、早期に対応することが大切です。出来るだけ早く対処することで自己破産を免れることが可能です。自己破産は、返済の義務が免除されるといった大きなメリットがありますが、その分、デメリットも非常に大きなものです。

仕事が忙しい方などは弁護士や司法書士など法律の専門家に依頼することで、家族や同僚に知られることなく任意整理が行うことが出来ます。また、依頼した時点で取り立てが来ることが無くなりますので、落ち着いて生活をすることが出来るでしょう。

まずは任意整理の内容をよく理解し、借金の整理を行い、穏やかな生活を取り戻すことを目指しましょう。場合によっては任意整理以外の債務整理が適していることもありますので、やはり、専門家に相談することが大切だと言えるでしょう。


「任意整理を理解しておこう」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析