任意整理の相談は弁護士が一番?

任意整理の相談は弁護士が一番?

任意整理を含めた債務整理全般を扱える権限を、弁護士は有しています。弁護士は民事、刑事ともに扱えますが司法書士は140万円以下の民事事件しか取り扱えません。また司法書士は簡易裁判所の事件だけに限定されています。
弁護士か司法書士どちらも、任意整理についての相談、対応は可能ですので、どちらを選ぶかは依頼者が決定します。

弁護士の場合、自己破産や民事再生の申し立て、交渉、全てを依頼することが可能ですので、状況に応じて任意整理にするか、自己破産や民事再生にするか検討している場合、弁護士への依頼が無難かもしれません。弁護士は民事、刑事共に扱えるように幅広い業務に携わる権限が与えられています。

このため、特定した案件を受ける専門の弁護士である場合もありますので、依頼する際は、任意整理の対応が可能かどうか、確認した上で依頼しましょう。場合によっては、任意整理の経験が無いといった弁護士の方もいるからです。

しかし、全ての案件を依頼でき、交渉も全て依頼できる弁護士への安心感は大きなものがあります。
任意整理は交渉が重要ですので、交渉に慣れた弁護士へ依頼すると、スムーズに和解することが出来るでしょう。

デメリットとしては、弁護士への依頼費用が大きくなることでしょう。しかし、早い解決を望まれる場合は、費用対効果をよく検討した上で、任意整理を依頼するようにした方がよいでしょう。
まずは無料相談などを活用し、信頼出来る弁護士へ依頼することが大切です。


「任意整理を理解しておこう」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析