任意整理のデメリットってなに?

任意整理のデメリットってなに?

任意整理のデメリットは、借金の返済は行わなければいけない、ということです。
自己破産や民事再生の場合、一部、又は全額の借金の免除が可能ですが、任意整理は減額することは可能ですが免除されることはありません。しかし、一部の借金は整理せずそのままにしたい場合などの選択の余地があるため、任意整理は債務者にとって都合のよい債権整理の方法でもあります。

任意整理をすることで、任意整理の記録が個人信用情報に登録されます。金融事故として扱われるため、5年から7年程度、新たなローンやクレジットカードの新規作成が行えなくなります。これは、自己破産、民事再生、過払い金返還請求などと同様です。

また、任意整理は利息制限法に基づいて行われる、減額交渉です。裁判所への手続きを行わないため、強制的な減額にはなりません。民事再生は債権者との減額交渉、和解交渉であるため、相手側が和解に応じない場合などは、交渉が長期化する場合もあります。

任意整理は利息制限法の適用が可能な利息であるかどうか、過払い金返還請求が可能であり、なおかつ、過払い金返還請求によって減額が見込まれる場合などの条件の他に、確実に債権者と交渉しなければならないといったデメリットがあります。この点は、専門家に依頼することが最も得策だと言えるでしょう。

しかし、他の債務整理に比べ、最もデメリットが少ない方法が任意整理です。任意整理は多くのサラリーマンや主婦などの方も行っている債務整理の方法なのです。


「任意整理を理解しておこう」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析