任意整理は司法書士にもできる

任意整理は司法書士にもできる

任意整理は司法書士に依頼することが可能です。
司法書士は自己破産の申し立て、民事再生の申し立てを行うことは出来ません。これは、裁判所で取り扱う事件は弁護士権限が無ければ取り扱うことが出来ないからです。

しかし司法書士は裁判所へ提出する書類作成業務は行えます。このため、書類作成の他、相談やアドバイスは行えます。任意整理について司法書士は弁護士と同様に債権者からの取り立てを止めさせることが可能です。また、債権者との直接交渉、過払い金返還請求も行えるため、任意整理は司法書士に依頼することも可能です。

司法書士と弁護士のどちらを選ぶかは、依頼者が決定することで、任意整理の場合、どちらでも構いません。任意整理は無理な場合、民事再生や自己破産の申し立ての全てを依頼したいといった方は司法書士よりも弁護士の方がスムーズに処理出来るでしょう。

しかし司法書士は裁判所への書類作成手続きが行えますので、申し立ては本人が行うため、重要な書類作成部分を司法書士へ依頼し、相談に乗ってもらいたい方は司法書士への依頼でも大丈夫です。
重要なことは、案件に対しての知識があるかどうかです。多くの任意整理を担当している司法書士の方もいれば、全く債務整理関係は対応していない弁護士の方もいるからです。

権限の違いはあれ、対応と経験が債務整理には必要です。特に任意整理の場合、交渉が重要ですので、多くの案件を担当している司法書士の方に依頼するのも安心出来るのではないでしょうか。


「任意整理を理解しておこう」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析