キャッシングが多重債務の原因に

キャッシングが多重債務の原因に

多重債務で最も多いのは、クレジットカードのローンやキャッシングが原因となることが多いものです。
これは、比較的借金といった意識が少なく、買い物や簡単にキャッシングによって現金が引き出せるためローンやキャッシングを繰り返してしまうためです。借入額いっぱいまで借金をした後、銀行系ローンや消費者金融系からのキャッシングへと踏み込んでいきます。

大手の消費者金融での借入が出来なくなると、闇金融などに走ります。多重債務となり、返済額を少しでも小さくしようと個人でたどり着く方法は、一括のおまとめローンなどです。複数の借入を一括で借入、返済することで、返済額を減らそうとするのです。

しかし、この一括のおまとめローンを行った際、十分に金利などに目を通さず、目先の返済に走ると結果的に返済額が増えてしまうことも少なくありません。

もちろん、この段階で正常な判断が行えているとは言えませんので、更に一括でまとめたはずの返済が苦しくなり、再び複数から借入を行うようになると深刻な状況です。結果的に多重債務になると、なかなか抜け出せないというのはエンドレスにキャッシングが可能な状況であることが原因です。

一度多重債務となると金融業者からのダイレクトメールも増え、金利が高くても借入が出来るならと借入を繰り返してしまいます。カードローンのキャッシングから多重債務になるまではあっという間です。まずは多重債務とならないように注意することです。

収入に見合ったローン、キャッシングを行うことが大切ですが、借りることに慣れてしまうと繰り返してしまう方が多いため、十分に注意しなければいけないと言えるでしょう。


「社会問題化する多重債務」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析