多重債務で自己破産が多い理由

多重債務で自己破産が多い理由

多重債務によって自己破産する方も増えています。自己破産によって多重債務の借金は帳消しにすることが出来ますので、無駄な返済の必要が無くなり、新しい出発をすることが可能です。多重債務では、自己破産の他、過払い金返還請求、任意整理、民事再生などの方法で返済額を減らしたりすることが可能です。

いずれも法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼することで、スムーズに解決を行ってもらえます。申し立て手続きなどは書類作成や書類準備が最も大変ですが、部分的に専門家に依頼し、自分で申し立て手続きを行うことも可能です。

多重債務の自己破産等では、弁護士費用などが必要ですが、分割での支払いなども可能ですので、費用が無いからといって諦める必要はありません。

もちろん、自己破産は避けることが可能であれば、デメリットを考えると避けたいものですが、相談などが遅れてしまうと、自己破産しか解決方法が無くなるといったことも少なくありません。出来るかぎり余力のあるうちに、解決する方法を検討することが大切です。多重債務がマイナスの状態であるならば、自己破産によってマイナスを減らす又はマイナスをゼロにすることが可能なのです。

また、最後は自己破産すればよいといった安易な考え方も避けるべきでしょう。
しかし、現在では多重債務者の数は増え続けており、非常に深刻な状況です。少しでも早く、多重債務者から抜け出すために自己破産も一つの正しい救済措置の一つですので、デメリットを承知の上で申し立てすることも必要かもしれません。


「社会問題化する多重債務」記事メニュー

「司法書士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析