保険と相続についての注意点

保険と相続についての注意点

被相続人の死亡により取得された生命保険金や傷害保険金などの保険類は、その保険料の一部であっても被相続人が負担していた場合には、相続税の対象となってしまいます。

実際に非相続者である夫が、自分が亡くなった後の配偶者や子供たちの将来のために彼らを受取人に指定した保険に加入するというのは良くあることです。こうした場合、配偶者や子供たちは被相続者の死亡とともに保証金を受け取ります。

厳密に言えば被相続者が死亡した時点では配偶者や子供たちが受け取る保険金は被相続者の財産ではありません。しかし保険金の受取に関しては被相続者の死亡が原因であり、さらに被相続者の手によって保険料を支払っていたため実質的な意味では相続により財産を受けたことと同様の扱いとなります。

保険金の相続に関しては相続税がかかってきます。生命保険や損害保険で一部でも被相続者が保険料を負担していたものについてはすべて相続税の対象となるのです。ただしこうした保険料の相続については非課税限度額が設けられており、保険料の受取人が相続者であれば、

500万円×法定相続人の人数=非課税限度

となります。つまり生命保険金として6000万円を受け取った場合、法定相続人が3人であれば、

6000万円−500万円×3=4500万円

となり、4500万円が相続財産ということになります。

死亡保険などにおける非課税規定はあくまでも相続人が保険金を受け取る場合の規定です。相続人以外の人が死亡保険金を受け取っても非課税の規定外となってしまいます。


「保険と相続の関係」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析