保険の相続人とは

保険の相続人とは

死亡保険金などを受け取る相続人については、民法上では受取人固有の財産となっています。つまり相続する遺産とは別物であるという考え方であり、遺産分割協議の対象にもなることはありません。
例えば死亡保険金が3000万円あり、配偶者と子供が二人いる場合を見てみましょう。

受取人が配偶者となっていれば、たとえ子供が2人いたとして、3000万円全額が配偶者のものとなり2人の子供との間で分割をめぐって遺産分割協議を持つ必要はないのです。

しかし死亡保険金の受取が相続人となっていた場合には話はまったく違ってきます。これは実際の資産相続に関連して良く起るケースです。一見このような場合には相続人による遺産分割協議が持たれそうな感じですが、実際にはこの場合にも遺産分割協議とは関係がありません。
このような場合の死亡保険金の分割に関しては法定相続分の割合によって分割されることになるのです。

先の配偶者と子供2人の場合に当てはめてみますと死亡保険金が3000万円ですから、配偶者はその2分の1で1500万円を、また2人いる子供たちはそれぞれ750万円ずつを受け取ることになります。

さて実際の死亡保険金の受取の場合には必ずしもこのように法定相続分通りに分割されるとは限りません。それは遺産分割協議とは異なる家族観での協議で配偶者と2人の子供たちが等しく1000万円ずつを受け取るような場合があるのです。ここで注意しなければならないのは本来の受取額であった750円を超える250万円分の受取については贈与として見なされるために贈与税の対象となってくる点です。


「保険と相続の関係」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析