相続放棄で保険の受取りは可能か?

相続放棄で保険の受取りは可能か?

被相続人がマイナスの遺産を多く遺していたため相続放棄をしたが、生命保険などに加入していたような場合に、死亡保険金の受取りが可能かどうかについて良く問題となります。このような場合には当該保険の受取人がだれになっているかで状況が変わってきます。場合別に分けて見てみましょう。

●相続人が受取人になっている場合
相続放棄をしている場合でも、相続人として死亡保険金が受け取れます。
この場合例えば相続人である子供が相続放棄をすることによって新たに相続人となった兄弟姉妹などの場合はマイナスの遺産を含めてすべてを相続したとしても保険金を受け取ることはできません。注意が必要です。

●受取人を決めていなかった場合
こう言う際には保険の約款に従うことになりますが、受取人を決めていない場合の処理については保険の約款では通常相続人が受取人となりますので、相続人を受取人としている場合と同様に死亡保険金を受け取ることができます。

●相続人のうち特定の1人のみを受取人と指定している場合は
相続財産と死亡保険金はなんら関係がありません。したがって問題なく特定の相続人は保険金を受け取れます。ただし税法上は相続税の対象となります。

●受取人を死亡した被相続者自身に指定していた場合
この場合の死亡保険金は被相続人の財産の一部となりますので、相続人が相続放棄をした場合には受け取ることはできません。

以上のように死亡保険金の受取に関しては受取人の設定によって変わります。


「保険と相続の関係」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析