相続放棄の申告は3ヶ月以内に

相続放棄の申告は3ヶ月以内に

相続放棄というのはその言葉の通り相続の権利を放棄することです。相続に関してはプラスの相続ばかりとは限りません。マイナスの相続つまり負債や借金などを抱え込むこともあります。マイナスの財産が多い場合には相続放棄の申告をすることで一切の負債を背負う必要がなくなります。

相続放棄と良く似たものに限定承認という方法があります。これはプラスの財産内で負債に関しては返済するがそれ以上の負債に関しては相続を放棄するというものです。

相続放棄、限定承認ともに相続が発生してから3ヶ月以内に放棄する旨の申告を家庭裁判所に行わなければなりません。申告が遅れた場合には単純承認したと見なされ、プラス分もマイナス分も全て相続しなければならなくなります。

相続放棄で問題になりやすい点として、自分が相続放棄をすることによって自分の次の順位の親族が相続の対象となるために親族に迷惑がかかると思って相続放棄をためらう場合があることです。
このような場合には次の順位の親族であっても当然、相続放棄が申告できるわけですから、むしろ早めにその旨を告げて至急相続放棄の申告をするべきでしょう。迷っているうちに申告の期限切れになってしまう場合もあるのです。

また別の問題として他の相続者から放棄を迫られるという場合があります。このようなケースでは財産の取り分をゼロにする遺産分割協議書や受益証明書に押印を迫られる場合が多いようです。
これは本来の相続放棄の申告とは全く異なるもので、相続放棄同様遺産を受け取ることはできなくなりますが、後に非相続者の負債が見つかった場合などには負債を引継がなければならなくなります。


「相続での申告について」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析