相続に関連した申告期限について

相続に関連した申告期限について

相続に関しては様々な申告を必要としますがそのほとんどは厳しく申告期限が設定されています。申告期限を守らなかったり、うっかり忘れてしまうと取り返しがつかなくなるばかりか、大きなトラブルの元にもなってしまいます。
前項で説明した各申告内容に照らしながら、申告期限についてはしっかり確認しておきましょう。

●遺産発生から3ヶ月以内にするべきこと

相続放棄:被相続人に多額の負債などがある場合に行う相続放棄の申告期限は3ヶ月以内です。申告先は家庭裁判所です。
限定承認:これもマイナスの財産が大きい場合に行う申告です。プラスの財産の範囲内でマイナスの財産の承継をします。家庭裁判所に届け出ます。

●遺産発生から4ヶ月以内にするべきこと

所得税準確定申告:不動産や事業などの所得税の確定申告は通常では翌年の3月15日までに行いますが、財産の相続によってこれらを取得した場合の準確定申告は相続発生の日から4ヶ月以内に行わなければなりません。

●遺産発生から10ヶ月以内にするべきこと

相続税の申告および納付:相続が発生してから10ヶ月以内が期限となります。

●遺産発生から1年以内にするべきこと

遺留分の減殺請求:法定相続人にあたる人が遺留分を求める場合には相続発生から1年以内に遺留分の減殺請求を行います。

●遺産発生から3年10ヶ月以内にするべきこと

相続税の特例適用のための分割:相続税の軽減特例を適用希望する場合には遺産分割協議が完了していることが前提となりますが、10ヶ月以内に整っていない場合には軽減特例を適用できない内容の申告をして申告内容を訂正することができるようにしておきます。


「相続での申告について」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析