連帯債務の相続を知っておこう

連帯債務の相続を知っておこう

マイナスの遺産、債務の相続に関して、今回は連帯債務の相続について見てみましょう。
ここではまず連帯債務というものがどのようなものであるかを先に確認しておきます。

連帯債務とは同じ一つの債務整理務に対して複数の債務者が各々独立して全責任を負うという債務です。つまり債権者は債務について同時でもあるいは順次にでも全員の債務者に対して支払を求めることができます。その内の1人が全額を弁済すれば他の債務者は債務を逃れることになります。

債権者は一つの債権を譲渡できるため保証債務よりもいっそう強力な担保と言うことができます。 連帯債務の相続においても保証債務同様に各々の相続人は自分の相続分に応じた連帯債務を負担しなければなりません。

例をあげましょう。 被相続人Aが他の複数の人物とともに400万円分の連帯債務を負担していたとします。この被相続人Aが死亡し、配偶者である妻Bと子供C・D2人が相続した場合には法定相続の比率に応じた金額の範囲で他の連帯債務者とともに連帯債務を負います。
したがってこの場合では妻Bが2分の1、子供であるC・Dはそれぞれ4分の1を相続するため、妻Bは200万円、2人の子供C・Dは100万円ずつの連帯債務を負うことになります。

ただしこの連帯債務の場合でも保証債務などと同様に相続放棄または限定承認の申告を行うことで回避することが可能です。相続放棄や限定承認の期限は相続発生から3ヶ月です。その間に財産の一部を処分したりすると相続放棄ができなくなりますからくれぐれも注意が必要です。


「債務と相続に関して」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析