土地を相続する際の問題点

土地を相続する際の問題点

相続で最も価値がありながら最も紛争の種となりやすいのが土地の相続です。
事業に使っているなどの理由で土地や不動産の中には分割するということが困難なケースが多いためです。無理矢理土地を分割すると事業に支障をきたしてしまいます。このような場合にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

遺言書によって相続人が取得する財産が項目別に記されている場合にはそれほど問題にはなりませんが、遺言が無い場合などには遺産分割協議によって協議し、どの相続者がどの財産を取得するかを分割することになります。遺産分割にはいくつかの方法があります。

●現物分割
例えば不動産の場合に配偶者が家を取り、長男が土地を取るというように財産ごとに相続人を指定する方法です。

●換価分割
相続した財産全てをいったん売却してその総額を分割するという方法。法定相続など比率が具体的に分かれている場合に正確に分割することができます。

●代償分割
特定の相続人が決められた相続分以上の財産をもらう代わりとして他の者に金銭などを支払う方法です。冒頭の事業に利用されている土地などの場合には有効な方法です。金銭の代わりに品物を渡す場合もあります。

●共有分割
一個の財産を複数の相続人が共有する形で相続する方法です。

共有分割については一見問題を先延ばしにでき、良い方法のように思えますが、実際には時間が経つに従い他の相続者が増えたりしてかえって複雑になる場合がありますので注意が必要です。


「土地を相続する時は」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析