相続した土地の評価額について

相続した土地の評価額について

税理士などに依頼して相続によって取得した土地の評価額を算出してもらった際に土地の評価額が高過ぎるのではないかなどという疑問を抱くことがあります。相続に関する土地の評価額の算定は通常では税理士などが行いますが、実は税理士によっても土地の評価額はかなり違ってくる場合があるのです。

なぜこのようなことが起るのでしょうか。
また実際にそのようなことが起った場合にはどうしたら良いのでしょうか。

税理士の業界では医療の場合などのようにかなりの専門化、細分化が進んでいます。
税のプロフェッショナルとは言え、専門外の場合には不得意な分野があることも事実です。特に土地の評価額算出においては税務のみならず不動産業界の知識にも長けている必要があります。そのためこうした分野での経験が浅い税理士による鑑定では評価を実際以上に高く評価してしまう場合があるのです。

では実際に高く評価されてしまった場合にはどのようにすれば良いのでしょうか。
相続税は納税後であっても申告から5年以内であれば土地の再評価を行いそれに伴った相続税額の減額や還付の申請が可能となっています。

特にかなり広大な敷地などの評価額の算出ではこうした問題が起りやすいと言われています。
これは比較的広大な土地などの場合に、実際には一戸建ての住宅用地であるにもかかわらずマンションが建設できる用地であるとして評価したようなケースです。こうした場合には何億円もの評価額の差となる場合もあります。


「土地を相続する時は」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析