相続における遺言の効果とは

相続における遺言の効果とは

遺言とは自分が亡くなった後の財産分割や相続などにおいて自分の意思表示ができるように生前に規定に従って作成された書類のことです。

遺言は一定のルールに基づいて作成されなければ効果を発揮することができません。ルールを満たしていない場合は無効となります。
遺言書の有効・無効をめぐっては古来よりトラブルが多く、枚挙にいとまがないほどです。たとえ仲の良かった家族や親戚でも相続のトラブルが原因で骨肉の争いにまで発展してしまうことは良くあることなので、遺言状の作成やその保管、また行使については十分に慎重に行うことが大切です。

まず遺言状は満15才以上でなければ作成することができません。
遺言の方式には主に自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。これらの方式の違いや長所・短所に関しては事項で説明します。

遺言にはこの他にも特別方式遺言があります。特別に危機が差し迫った場合や船舶や飛行機に乗っていて死亡の危機にある場合、また伝染病の流行によって隔絶された場合などの方式ですが、あまり利用される機会は多くありません。

遺言書が残されていない場合の相続は、民法の規定に従って財産の相続が行われますがこれを法定相続と言います。遺言書は被相続人の意思を反映させることが第一義であるため、相続規定の内容にも任意規定などの柔軟な部分が多いことが特徴です。
また遺言によって相続者となる者を相応の理由がある場合に相続者から除外(廃除)したり、あるいは本来相続者でない者を相続者として指定したりすることもできます。


「遺言の正しい知識」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析