遺産相続での主な遺言の種類

遺産相続での主な遺言の種類

遺言の最も一般的な3つの方式について説明しましょう。

●自筆証書遺言

自筆証書遺言は遺言者自身が紙などに遺産相続に関する遺言内容を書き記します。必ずすべて自筆で記入されなければならず、タイプライターやパソコンを用いたものは認められません。
内容文には他に作成日付、氏名を書き署名の下に押印します。費用もかからず簡便な方式ですがいくつかの注意点や短所もあります。

まず単純な内容の場合は問題ありませんが複雑な内容のものの場合には法律的に不備な場合があり、遺産相続の際の紛争の種になったり、最悪の場合には遺言書そのものが無効となったりする場合があります。また遺言書で訂正を行う場合には訂正方法が厳しく定められており訂正が不備な場合にはやはり無効となる恐れがあります。

自筆証書遺言と、この後に説明する秘密証書遺言の場合、資産相続の執行の際には裁判所による検認という手続きを受けなければなりません。検認は遺言書の方式や内容を調査し、遺言書を保存する目的で行われます。

●公正証書遺言

自費証書遺言のもつ短所を補う遺言作成の方法が公正証書遺言です。公正証書遺言については後ほど説明します。

●秘密証書遺言

秘密証書遺言とは遺言内容を秘密にしたまま公証人を介して遺言書を作成する方法です。
証人の他に手数料が必要となります。秘密証書遺言の場合には代筆やパソコンでの作成も可能ですが本人による押印は必要です。自筆証書遺言の場合と同じく内容に不備がある場合には遺産相続時に紛争の種となったり、あるいは無効となってしまう恐れがあります。


「遺言の正しい知識」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析