遺言と法定相続について

遺言と法定相続について

被相続者が遺言をのこさずに亡くなった場合には、法定相続が行われます。法定相続とは民法が規定した相続人や法定相続分の割合に応じてだれがどのくらいの遺産を受け継ぐかを決定することです。

法定相続を知るには法定相続人の順位を把握しておく必要があります。
●第1順位者:子供、孫
●第2順位者:父母、祖父母
●第3順位者:兄弟、姉妹、甥、姪

となります。配偶者はこれらの順位に関係なくどのような場合にも常に相続人となります。
さてケースを分けて見てみましょう。

●配偶者と子供が相続人の場合
配偶者が2分の1、子供が2分の1。
配偶者が死亡している場合は全額を子供が相続します。子供が複数いる場合は等分します。

●配偶者と父母が相続人の場合
配偶者が3分の2、父母が3分の1。
配偶者が死亡している場合は全額を父母が相続します。父母ともに健在の場合は等分します。

●配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合
配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1。
配偶者が死亡している場合は全額を兄弟姉妹が相続します。兄弟姉妹が複数いる場合は等分します。

遺言書がある場合にも法定相続人は財産の一部を遺留分として相続する権利があります。
例えば遺言書に「愛人に全財産を贈る」と記載されていたような場合、遺された家族は生活に困窮します。そのため民法では遺族に対して最低限度の財産相続を保証しているわけです。つまり法定相続人は遺言書の内容に関係なく一定額の財産を受け取れることになります。


「遺言の正しい知識」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析