遺言と相続登記の重要性について

遺言と相続登記の重要性について

遺言書の内容などを受けての遺産分割協議で相続人の合意が成立した場合には、各々の遺産について名義の変更や相続登記の変更をすみやかに行うことをおすすめします。
遺産分割協議などはあくまでも身内で決定するだけのことであるためこうした手続きや相続登記がおろそかになると様々なトラブルを引き起こしかねません。

建物や土地などの不動産を遺言書などに基づき相続した場合には、相続登記を行います。不動産の相続登記に関しては地域の法務局に所有権移転登記申請を行います。
申請の際に必要な書類としては相続人の戸籍謄本、住民票、資産分割協議書、各相続人の印鑑証明書です。借地の場合であっても借地権の名義変更の登録が必要になる場合があります。

実は、遺言などにより遺産相続した場合の不動産の登記内容の変更は義務ではありません。
しかし登記しないままで放っておくと、他の相続人が自分の相続分の相続登記をしたり、売り払ったりあるいは担保に設定したりする恐れがあります。その理由は法定相続分に関しては、相続者は単独で相続登記をすることが認められており、他の相続者の同意は必要ないからです。

また同じようなトラブルとして、相続人のいずれかに負債がある場合に債権者は相続人に代わって法定相続分に関しては相続登記を行い、その分を差し押さえたり、競売に出したりすることができます。これは特定の相続人の債権者は債権保全のため相続人に代わって法定相続分を相続登記できることが原因です。


「遺言の正しい知識」記事メニュー

「相続で困らないために」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析