相続税を払うのはこんな人

相続税を払うのはこんな人

相続税とは被相続人の死亡などにともない、財産を相続した際に課せられる税金のことで、国税です。
また遺贈などによっても相続税が発生します。相続税でいわれる財産とは、現金や有価証券、預貯金、貴金属類、土地、家屋等の不動産などのすべてが含まれますが、近年特に重視される財産として著作権や特許権なども金銭に換算できるため含まれます。

またこの他にも被相続人の死亡前3年間に相続人や遺贈人が受けたいわゆる生前贈与にあたるものや、贈与税の納付の猶予を受けていた農地や死亡退職金、死亡保険金のうち被相続人が保険金を払い込んでいたものなども含まれます。

これらとは逆に課税対象とならないものとしては、墓地や墓石、仏像、仏壇、仏具、祭司に使用する道具など、礼拝の際に通常的に使用するものや、相続財産を特定の公益法人に寄付した場合の財産、特殊な場合として幼稚園事業で個人経営であった場合に、相続人のいずれかが引き続き経営を引き継ぐ場合などは相続税が課せられません。

相続税は以下の式でまず先に基礎控除を求めます。
基礎控除=5000万円+1000万円×法定相続人の数

相続額がこの基礎控除額を超えれば、超えた分に対して民法の定める相続分に比例した割合の額に税率を掛け合わせて、相続税の基礎となる税額を割り出します。その後各法定相続人の税額を合算して相続税総額を求め、各々の課税価格に応じて税額を算出し、ここから控除額を際し引いて納付税額が決まります。


「相続税を知りたい」記事メニュー

QLOOKアクセス解析