福祉医療と社会福祉士の関係

福祉医療と社会福祉士の関係

社会福祉士は、専門的な知識や技術を使って、福祉医療などの業務を行う人のことです。社会福祉士は国家資格であり、試験に通らないと社会福祉士になることは出来ません。
高齢化社会などが進む昨今では、福祉医療の分野の需要が非常に高まっています。年々、高齢者の割合は増えています。さらに医療技術が進歩すれば、高齢化社会は進んでいくはずです。

福祉医療は、現代社会に置いては、もはや欠かすことの出来ない業種の一つなのです。一応、社会福祉士の資格がなくても、社会福祉関係の仕事がまったくできないというわけではないですが、待遇や給与などが全然違いますので、断然、資格を持っておくに越したことはありません。

社会福祉士になるためには、社会福祉士養成施設に通う必要があります。社会福祉大学院や福祉系大学、短期大学、社会福を主事とした専修学校などで学ぶことが出来ます。
社会福祉士の資格は、たとえば医者や弁護士などの資格に比べると、だいぶ簡単に取得することが可能です。ただし、大学などに何年も通う必要がありますから、そんなに手軽に取れるというわけでもありません。

一応、大学などに通わなくても、社会福祉の業務などを数年こなせば受験資格を得ることは可能です。試験はそれほど難しいものではないですが、社会福祉士養成学校に通ってない方には、少々大変かも知れません。社会福祉士は、社会に貢献できる立派なお仕事ですし、やりがいのある職業でもあると思います。


「福祉医療の時代へ」記事メニュー

「社会福祉士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析