福祉医療センターを活用しよう!

福祉医療センターを活用しよう!

福祉医療センターとは、福祉や医療を目的として設置された施設のことです。

正式には、「地域包括支援センター」とも言います。2006年4月から、介護保険法により市町村の中学校区単位で、福祉医療センターの設置が義務づけられています。福祉医療センターには、規模にもよりますがかならず一人以上の社会福祉士の配置義務があります。

福祉医療センターは、地域住民の保険や福祉や医療などの向上を目的として運営されています。その他にも、児童虐待の防止、介護予防マネージメントなども総合的に行っています。各区市町村に置かれていますので、探せば、自分の住んでいる地域の近くにもかならずあると思います。

福祉医療センターには、社会福祉士の他にも、保健士やケアマネージャーなどのそれぞれの専門家も常駐しています。センターの特徴としては、「治療」というよりは、「予防」に重点を置いた運営を行っている点です。「相談」などに重点をおいています。何かあるときには、気軽に利用して損はないです。

前述したように、このセンターにはかならず社会福祉士を置かなければならないため、社会福祉士の需要は高くなっています。社会福祉士は、センターにおいて、総合相談業務、サービス事業者および行政との連携業務担当者として位置づけられています。

社会福祉士の資格者は、当然年々増えていますが、高齢化社会が進んでいますし、センター以外にもいくらでも業務がありますので、仕事に困ることはないでしょう。


「福祉医療の時代へ」記事メニュー

「社会福祉士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析