国際福祉医療大学とは

国際福祉医療大学とは

国際福祉医療大学は、人間中心の大学です。もちろん、福祉医療に関する専門的な知識と技術を訓練するのは当然ですが、それ以上に、人の良識性を高める授業を行っています。

福祉医療において、陳腐な言葉ですが、やはり一番大事なのは「やさしい心」というわけです。国際福祉医療大学は、技能や勉強だけを叩き込むのではなく、その精神の育成を大事にしています。
国際福祉医療大学という名前の通り、国際的なセンスを養うことにも重点を置いています。グローバルスタンダードが叫ばれる現代社会のニーズにあった学校です。

国際福祉医療大学には、7つの教育理念があります。それぞれ、人格形成、専門性、学祭性、新しい大学運営、情報科学技術、国際性、自由な発想です。これまでのような凝り固まった古くさい大学とは一線をかき、広く、深く、大きく、あたらしい教育方針をとっています。

特に、薬学部への入学を希望する方には、6年間の授業料が全額免除になる特待生特別選抜入試も行われています。薬学部は、通常は医学部についで学費の高い学科ですから、それが免除というのは、かなり大きいと思います。さらに、特待生以外でも成績上位の方は、授業料減免対象者として、6年間の授業料が50%免除になります。半額でも決して小さい額ではありません。

ちなみに授業料は、6年間で660万円となっています。入学金や実習費などを加えた6年での総学費は、960万円です(特待生なら300万円、減免対象者は630万円)。


「福祉医療の時代へ」記事メニュー

「社会福祉士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析