医療社会における社会福祉士の役割

医療社会における社会福祉士の役割

高齢化が進む昨今では、社会の医療社会化が進んでいます。

人間、やっぱり最後に一番大事なのは自分の命です。そして、生活です。どんなに医療技術が向上しても、その分、長生きが出来るようになったとしても、身体の老いが止まることはありません。どうしても年齢を重ねるたびに、身体に不自由が出てしまいます。そこで重要になるのが医療社会と社会福祉士です。

今後の医療社会において、もっとも活躍する職業分野の一つが社会福祉士だと言われています。社会福祉士とは、高齢者や障害者などの、一人では日常生活に支障が出てしまう方をサポートするソーシャルワーカーのことです。

また、社会福祉士は、国家資格ですが名称独占の資格ですので、社会福祉士の資格を持って無くても社会福祉の仕事をすることは一応可能です。ただし、技術面、知識面では無資格者と有資格者では大きく差がありますし、その分、給与などの待遇にも差がでますので持っておいて損はありません。

現状では、まだまだ社会福祉士の資格を持っている人が少ないため、名称独占の資格となっていますが、将来的に有資格者が増えた場合は、資格を持ってないと業務に携わることができない業務独占の資格になる可能性もあります。

ただし、前述したように、社会は高齢化が進んでいますので、年々、社会福祉を必要とする方は増えています。その需要にあわせて社会福祉士も増えてはいますが、少子化の影響もあって将来的にも十分な数の社会福祉士は揃いそうにありません。だからこそ、狙い目の職業とも言えます。


「進む医療社会化」記事メニュー

「社会福祉士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析