日本医療社会事業協会に入会するには

日本医療社会事業協会に入会するには

日本医療社会事業協会へ入会するためには、大きく分けて二つの方法があります。

一つは、正会員になる方法ですが、こちらは保健医療分野のソーシャルワーカーでなければ、入会を申し込むことが出来ません。具体的に言いますと、各種病院や施設などで社会福祉の仕事をしている方でなければ、入会することが出来ないんです。
社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持っていなくても、ソーシャルワーカーの仕事さえしていれば、一応は正会員になることは可能です。

社会福祉の仕事をしていない方でも、賛助会員として入会することはできます。こちらは基本的には誰でも、日本医療社会事業協会の目的に賛同する人間であれば入会することが出来ます。ただし、賛助会員には、総会における議決権や役員になるための被選挙権がありません。

そして、日本医療社会事業協会の正会員は、入会金3000円と年会費10000円が必要になります。賛助会員は、入会金は要りませんが、年会費は15000円が必要になります。

日本医療社会事業協会へ入会したい場合は、まずその旨を協会事務所まで連絡しますと、後日、入会に必要な書類などが送られてきますので、それに必要事項を記入して返送します。
問題がなければ、入会が認められます。その後、入会金や年会費を支払って、手続き完了となります。後日、会員証が送られてきます。

より詳しい情報は、日本医療社会事業協会の公式ホームページを一読ください。


「進む医療社会化」記事メニュー

「社会福祉士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析