社会福祉士と介護問題について

社会福祉士と介護問題について

高齢化が進みさまざまな社会問題が取り上げられている昨今ですが、介護社会福祉士という資格をお聞きになった事はあるでしょうか?社会福祉士とは専門的な知識と技術を使って、障害や環境などにより日常生活を行うのに困難がある人の相談に乗ったり、助言をしたり、指導を行ったり、福祉サービスを行う人のことを言います。

そのまま社会福祉士の国家資格を持っている人のことでもあります。資格を持ってないで社会福祉事業を行う人のことは、ソーシャルワーカーとも呼びます。もちろん資格を持っていても社会福祉士であると共にソーシャルワーカーでもあります。

最初に述べたとおり、高齢化社会が進む昨今に置いて、介護問題というのは、一番大きな社会問題の一つです。人間は、老いに逆らうことは出来ません。以前はどんなに元気だった人でも、年老いてしまえば、かならず誰かの介護が必要になってくるのです。介護を行うスペシャリストが社会福祉士です。

また、高齢者だけではなく、障害者や児童などにも社会福祉士は貢献します。介護保険法により、2006年4月からは市町村の中学校区単位で、かならず地域包括支援センターを置くよう義務付けされています。こちらでは、社会福祉士がかならず常駐しており、相談業務などを行っています。

現在ではまだまだ福祉士の資格を持つ人や介護士の方は少なく、需要に供給が追いついていない状況です。今後、早急に資格者が増加することが期待されています。


「介護問題を考える」記事メニュー

「社会福祉士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析