精神保健福祉士と社会福祉士について

精神保健福祉士と社会福祉士について

精神保健に関する社会福祉を専門とする技能者のことを、精神保健福祉士と言います。精神保健福祉士は、社会福祉士と同様にソーシャルワーカーの国家資格です。1997年に誕生した国家資格で、現在ではまだ割と新しく、有資格者もそれほど多くはありません。

身体の病ももちろん大変ですが、心の病も相当に手強いものです。それをケアするお仕事をするのが精神保健福祉士です。基本的には、精神障害者の保険や福祉に関する業務を行います。精神障害者の相談などに応じたり、援助を行ったりします。精神科・ソーシャル・ワーカーを省略してPSWと呼ぶこともあります。

精神保健福祉士は、精神保健福祉センターや保健所、精神障害者福祉施設などには、かならず配置する必要があります。また、精神科病院に勤める場合は、診療報酬業務もあります。

ストレスの多い現代社会においては、身体よりも精神を病んでお仕事をやめたりする人が多いようです。身体をこわす場合も、そもそも精神の乱れが原因となっている場合もあります。そんな人たちに社会福祉を行うたいへん立派な業種です。

精神保健福祉士になるためには、年に一度行われる国家試験に合格しなければなりません。ただし、試験に合格したとしても、法令に定められた欠落事由がある場合は、精神保健福祉士として登録されない場合もあるのでご注意ください。欠落事由とは、簡単にいえば、犯罪歴などがある場合です。不起訴なら大丈夫ですが、禁固刑などを受けている場合には、まず欠落事由に該当します。


「精神保健の分野」記事メニュー

「社会福祉士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析