精神保険手帳はどんな人が持つの?

精神保険手帳はどんな人が持つの?

精神保健手帳は、正式には精神障害者保健福祉手帳といいます。
病名や年齢に関係なく、長期間に渡って日常生活や社会生活へ困難、制約のある精神科の病気がある場合は、精神保健手帳を発行して貰うことが可能です。

ただし、その病気と障害の重さに応じて、等級があります。障害年金の等級の場合は、病気の重さだけで決定されますが、精神保健手帳の方は、生活面での障害、つまり不自由なども含めて判定されますので、良くも悪くも場合によって障害者年金の等級と同じになりません。

一番グレードの低い3級では、結構、対象範囲が広く、他人の助けが必要なほどでなくても、ある程度、日常生活や社会生活に困難があれば認められます。2級の場合は、必ずしも他人の助けが必要ではなくても、日常生活や社会生活にだいぶ厳しい困難がある場合に認められます。一番グレードの高い1級の場合は、もはや日常生活が一人では不可能な場合にのみ認められます。

精神保健手帳の申請は、基本的には本人が行わなければなりませんが、その性質上、家族や主治医などの医療関係者が代行することも可能です。精神保健手帳の有効期間は2年間で、それ以降も障害が継続している場合は再度申請しなおす必要があります。また、症状が悪化した場合には相応のグレードへ等級を変更することも可能です。逆に、すでに治ったのに申し込んだ場合は、審議会で落とされます。

精神保健手帳があれば、生活保護の障害者加算の認定を受けたり、所得税、住民税の障害者控除を受けられたり、自動車税の減免を受けられたりします。その他、公共施設や各種交通期間の障害者割引きなども受けられます。一番大きいのは医療費の免除でしょうか。


「精神保健の分野」記事メニュー

「社会福祉士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析