社会保険労務士

社会保険労務士について

社会保険労務士という名前を聞いたことはありますか?
聞いたことはあるけれど、実際にどのようなことをする仕事なのかを理解している人は少ないのではないでしょうか。

社会で生活していくうえで、何らかの仕事(労働)をしていく必要がありますし、国民はその権利をもっています。そしてその労働者は、さまざまな法律で守られています。

たとえば、失業者のための雇用保険法、労働者を保護する労働基準法、老後の生活を保障する厚生年金や国民年金、医療に関係する健康保険法などがあります。
しかし、それぞれの法律に詳しくて、それらに関する問題に正しく対処できる人がどれだけいるでしょうか?そこで社会保険労務士の登場です。

社会保険労務士は労働関連や社会保障などにまつわる書類の作成代行や、企業での労務管理や社会保険に関する相談や指導をすることができる資格です。毎年試験がありますが、合格率が8%前後と難しい試験でもあります。
社会保障に関係する法律を熟知しており、国民が円滑な社会生活がおくるための手助けをするスペシャリストと言えますね。

労働環境や健康保険、各種年金などの社会保障に関係する法律は、もともとわかりにくい部分もあるうえ法律の改正などもあったりして専門的知識が必要になってきます。近年は特に、企業などで従業員をかかえる場合などはなおさらその必要性は高まってくると思います。

ここでは社会保険労務士が関係すると思われる項目をを詳しくご紹介していきます。


「社会保険労務士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析