人事労務管理とは

人事労務管理とは

日本には独特の人事労務管理が行われてきた歴史があります。
諸外国にはない終身雇用、年功序列、企業別組合などの制度が、当たり前のように採用されてきました。しかし、経済情勢の変化により、これらの制度が崩壊しています。

特に、中小・零細企業においては、人事労務管理の専任者を置く余裕が無いために、経理や総務担当の人が、人事労務管理も兼ねて業務に当たってきたというケースが多いものです。

社会保険労務士は、人事労務管理のプロフェッショナルです。
給与計算、労使トラブルの防止・相談、就業規則の作成見直し、新しい人事制度の導入・見直しなど社会保険労務士に期待される業務の範囲が広がっています。

また、中小・零細企業の意識も変わりつつあります。良い商品を作りさえすれば、あるいは技術が高いということさえあれば、自然と人やもの、お金もついてくるのだ、という考えが根強くあったのです。
しかし現代は「被雇用者も人間であり、権利が守られるべきである」という主張が、堂々とされるようになり「親方の言うことだから、理不尽だと思っても、黙って聞いておいたほうがいいんだ」というやり方は、厳しく糾弾されるようになっています。

労働者を雇い入れて、優秀な後進の人々を育てていくためには、労働環境の整備が必要です。
日本の社会保険制度は、労働者が安心して働くことのできる環境を整えるためのものであり、社会保険労務士は社会保険に関するプロフェッショナルとして、活躍の場が増えているのです。


「人事・労務を管理する」記事メニュー

「社会保険労務士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析