年金保険の相談は専門家にしてみては?

年金保険の相談は専門家にしてみては?

「年金保険」とは、あらかじめ保険料を納めておくと、一定の条件がそろったときに年金を受け取ることができる、という保険の仕組みを使った年金制度です。「年金保険」という場合には、私的年金(国以外の組織が運営する仕組みの年金制度)を指す場合が多いです。

また、公的な社会保険制度の一つとしての「年金保険」を表す言葉として使われる場合もあります。
ファイナンシャルプランナーなどでリタイアメントプランニングを得意とする人は、年金保険、医療保険、介護保険、労災保険など、あらゆる公的・私的な保険制度に通じているものです。

そして、社会保険労務士もその名の通り、社会保険制度に通じているのですが、ファイナンシャルプランナーが「プライベート」の部分を主に扱うのに対して、社会保険労務士が扱うのは「企業に勤める人」「被雇用者」、あるいは「事業主」「雇用者」にとって必要とされる保険制度です。

年金制度に関しては、厚生労働省・国の対処法が混乱したことや、「国民年金に加入していても、将来、年金を受け取ることができないらしい」という噂が流れたこともあり、情勢は混乱を極めています。

社会保険労務士は企業の経営者が、従業員を加入させるべき保険制度はどれか、といったことの相談にのったり、逆に従業員が転職、退職したり、入社しきたりした場合などに、年金や保険などに加入をする手続きを行ったりする、という仕事もあります。社員の相談に乗る機会もあるかもしれません。
そのため、私的年金・公的年金の制度にも精通している必要があります。


「労働者を守る雇用保険」記事メニュー

「社会保険労務士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析