労働保険ってなんですか?

労働保険ってなんですか?

労働保険は「労働者災害補償保険」と「雇用保険」をまとめて呼ぶものです。
労働者災害補償保険(労災保険)は、業務上の災害と通勤途上にあってしまった災害による傷病等に対する補償をする保険です。また、雇用保険は失業した場合の給付などを行う制度です。社会保険労務士は、労働保険に加入したい事業主の相談にのり、事務手続きをする、という業務を行っています。

労働保険は「労働者を一人でも雇っている事業主(個人・法人問わず)」は必ず加入することが、義務付けられています。日本の中小・零細企業は労働保険への加入をあいまいにしてきた面があります。
しかし、企業の経営というのは「優秀な人材」がいなければ成立しないことは、中小・零細企業の経営者も理解し始めています。

優秀な人材を雇い入れ、その人が安心して仕事ができるように、事業主は様々な配慮をしなければなりません。労働保険への加入は「スタッフが安心して働ける環境」の土台を作るものなのです。社会保険労務士に依頼して、労働保険や社会保険の手続きを、迅速・確実に進めましょう。

また、社内に労働保険をはじめとする労務に関するスタッフを雇い入れるとなると、余計な人件費がかかることがあります。こうした場合に、外部の社会保険労務士に委託すると、作業が効率化できますし、余計な人件費がかからなくなります。

また「これから起業しよう」と考える人が、労働保険に加入したり、就業規則などを整えたりするための相談にも、社会保険労務士が応じることがあります。社会保険労務士自身も起業の経験がある場合(社会保険労務士事務所を開設したということ)、起業の相談に乗ったり、労働保険の大切さを解説したりすることが、スムーズに進むでしょう。


「労働者を守る雇用保険」記事メニュー

「社会保険労務士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析