給与計算をアウトソーシングする理由

給与計算をアウトソーシングする理由

給与計算をアウトソーシングするという経営手法に、注目が集まっています。
給与計算そのものは、社会保険労務士でなくてもできますし、様々なソフトウェアも開発されています。

ただ、給与計算には労働基準法・雇用保険法・健康保険法・厚生年金保険法・税法などの、ありとあらゆる法律の知識を動員してあたらねばなりません。そのため、給与計算業務を社会保険労務士などのプロフェッショナルにアウトソーシングする企業も増えています。

また、給与計算代行会社というものもあり、大手企業などは子会社として社員の給与計算をする会社を一つ抱えている、というケースもあります。

社会保険労務士の資格があるかどうかは別として、企業内でも給与計算の仕事に就くということは、企業が「儲けを出す」という目的のために、効率のよい人件費の計算の仕方などについて、知る機会と捉えることができます。給与計算ソフトだけを見つめて、数字の羅列だけで仕事を終わるのではなく「なぜ、このような計算をするのか」を、是非とも考えてみてください。

社会保険労務士のなかには、給与計算を含む人事・労務の仕事を社内でしていたことがきっかけで、資格取得を思い立ったという人も多いですよ。
また、中小企業・零細企業は、給与計算専任のスタッフをおくことができない場合もあり、経理スタッフが兼任している、といった場合もあります。それでうまくいっている間はいいのですが、企業規模が大きくなってきて、「一人では手に余る」という事態になったら、給与計算のアウトソーシングを考えてもよいかもしれません。

社会保険労務士はそうした中小企業経営者の相談に応じるプロフェッショナルです。


「わかる給与計算」記事メニュー

「社会保険労務士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析