給与計算ソフト選びは慎重に

給与計算ソフト選びは慎重に

給与計算ソフトは様々な種類のものが発売され、使いやすい工夫も凝らされています。
ただ「給与計算の仕組み」について、理解をしていないままに、給与計算ソフトに頼ることは危険です。労使間のトラブルが発生し、給与計算ソフトで弾き出された結果について「説明して欲しい」と求められた場合に、経営者もわけがわからないままに進めている、ということは危険です。

また、給与計算ソフトを購入しても「使いこなせない」と感じる人もいます。さらには「給与計算ソフトを使えば、業務がとても楽になります」という触れ込みで、高額なソフトやコンピュータを売りつけるような詐欺まがい商法が、時折、摘発をされています。

給与計算ソフトを使うなら「給与計算の仕組みを自分でも知る」ということが大切です。本当に手に負えないと感じるなら、思い切って給与計算代行会社に依頼するとか、社会保険労務士事務所に依頼するという方法もあります。

また、人件費削減という観点からも、給与計算ソフトを導入しての業務の効率化や、給与計算業務のアウトソーシングなどを考える中小企業が増えています。大企業になると「給与計算をするための子会社」を一つ抱えている、というケースもあるほどです。

企業が「儲けを出す」という目的を達成するには、「誰にいくらの給与を払えばいいのか」と考えることが、経営者には大切です。能力の高い人が、高い給与を受け取ることができるような仕組みを整えることで、社員の勤労意欲も増すことでしょう。


「わかる給与計算」記事メニュー

「社会保険労務士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析