給与計算と所得税の深い関係とは?

給与計算と所得税の深い関係とは?

給与計算と所得税の関係はとても深く、給与を受け取る側にとっては、所得税額や社会保険料などが天引きされた金額が、手取り額となりますので、給与を受け取るたびに、嫌でも所得税のことを意識することとなります。

給与計算には、所得税法を含む各種の税法・労働基準法・雇用保険法・健康保険法・厚生年金保険法などの、ありとあらゆる法律の知識を動員してあたらねばなりません。社会保険労務士の中には、給与計算の相談に応じることを得意としている人もいます。

社会保険労務士は、給与計算について疑問に思う、という人に、納得のいく説明ができる能力を、持っていなければなりません。また、毎月の給与計算だけではなく、所得税には「年末調整」という制度もあります。転職・退職をする社員には、退職金の支給をする場合もあります。

社会保険労務士は、給与計算と所得税、退職金と所得税、住民税など、様々な知識を持っているプロフェッショナルです。労働者が給与の支給について納得できないところがある場合、あるいは、雇用者・企業側が給与計算と所得税の問題に、どう取り組んでいいものか分からない、という場合には、「社会保険労務士に相談する」という方法があります。

また最近は、給与計算そのものを社会保険労務士に代行してもらう、給与計算会社にアウトソーシングしてしまう、そうすることで人件費の削減を図る、という企業もあります。給与計算の中身が問題となるのは、多くは「労使関係が悪くなったとき」です。

その場合には、労使関係が良好だったときのような「話し合い」を持つことはできず「戦い」という様相に変わってしまうことが多いのです。社会保険労務士に間に入ってもらうことで、労使トラブルを解決できる糸口が、見えるかもしれません。


「わかる給与計算」記事メニュー

「社会保険労務士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析