労働問題に悩まず解決したい!

労働問題に悩まず解決したい!

労働問題を解決できず、一人で悩んでいる人も多いです。不当解雇、雇い止め、サービス残業、セクシュアルハラスメント、業務委託・請負・派遣などに関するトラブルなどが増えているのです。
最近は「労働者の権利」を堂々と主張し「事業主に正当な扱いを求める」という動きがあります。

労働問題を相談するなら「社会保険労務士」というプロフェッショナルの存在を知っておくとよいでしょう。
社会保険労務士は労働問題の相談にも応じることのできる、国家資格保有者です。

労働問題を「同じ職場の人に相談すると、後で自分にとって不利な出来事が起こってしまうのでは?」
「上司や同僚にかえって迷惑がかかってしまうのでは?」と心配する人も多く、結果的に「泣き寝入り」をしている人が相当数にのぼるようです。
不況の影響で、再就職しようにも就職口が減ってしまっているという現実があり「労働問題を問題として提起することで、会社にいづらくなったら困る」と考える人が多いのです。

ただ、優秀な業績を上げる企業とは「社員を大切にする企業」であることも、徐々に知られてきています。
社会保険労務士の意見に耳を傾け、社員との話し合いの場を持ち、労働問題を解決しようという事業主も増えています。

最近、注目を集めているADR(裁判外紛争解決手続)という制度があります。
裁判を起こしてしまうと、裁判が終わった後の労使関係にも悪影響がありますが、ADR(裁判外紛争解決手続)を利用した場合には、「紛争解決後の労使関係が、裁判を起こした場合に比べて良好となる」というメリットもあるのです。特定社会保険労務士というADRのプロも増えつつありますよ。


「労働トラブルの対処法」記事メニュー

「社会保険労務士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析