派遣スタッフの就業規則はどうなってる?

派遣スタッフの就業規則はどうなってる?

最近「派遣社員」として働く人が増えています。人材派遣会社の中には「派遣スタッフ用の就業規則までは整備していない」というケースもあります。
派遣スタッフの就業規則は、今後、重要性が増してくる可能性が高いので、是非とも社会保険労務士などに相談して、派遣スタッフの就業規則を整備することを考えてください。

100年に1度といわれる大不況がやってきて、自社の正社員ではなく、派遣会社からやってくる派遣スタッフのクビきりが先に行われる、という状況が増えています。そうした場合に、派遣社員や派遣会社が不利益をこうむらないためにも、派遣スタッフの就業規則整備は急務です。

たとえば「派遣期間が満了しても次の派遣先が決まらない」というケースや、「突然の派遣中止を言われた」というケースでは、派遣社員も困るのですが、派遣会社もどう対処していいのか困るものです。

また、個人情報保護や機密保持に関して、企業は敏感になっており「派遣社員にも徹底して欲しい、誓約書を書いて欲しい」などのことを申し渡される場合もあります。派遣スタッフ用の就業規則を作成・見直しするなら「スタッフが置かれている現状」を良く知って、労使双方にとって働きやすい環境を整えることができるように、就業規則を作成・見直ししましょう。

そして、以前より問題となってきたことですが「派遣元を変わってでも、同じ会社に就業する」ということを、派遣会社としては防止したい、という気持ちがあります。このためには、就業規則で「そのような行為は禁止」と明示する必要があります。
就業規則の作成・見直しを得意とする社会保険労務士に相談すれば、そのような行為を防止するための就業規則について、アドバイスが受けられますよ。


「就業規則について」記事メニュー

「社会保険労務士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析