消費税の還付って知っていますか?

消費税の還付って知っていますか?

消費税についてみなさんはどのくらい知っていますか?普段、買い物やサービスを受ける時、その商品やサービスの5%の消費税が加算されて料金を支払っていますよね。ある意味、すでに社会生活に溶け込んでおり、意識しないうちに支払っている税金であるとも言えます。

しかし、個人事業や会社などの場合はそれだけではありません。自営業などの場合、当然支払う消費税がある一方、仕入れの際などに受け取る消費税もあるのです。その差額を納税するのが基本ですが、特例があることをご存知でしたか?

キーワードは、消費税の還付と納税義務の免除、課税事業者です。
消費税の還付は払いすぎた消費税を還付される制度です。支払った消費税が受け取った消費税が多い場合、その差額が還付されます。それに関係してくるのが、納税義務の免除です。会社設立から2期目までは消費税が免除されるという制度なので、税金を支払わなくて良いのですが支払った消費税が多い場合、還付を受けた方が利益になる場合があるのです。これには課税事業者としての届け出が必要になりますので、その判断は自分でする必要があるのです。

このように、消費税には還付や納税義務の免除などの特例があります。事業をしている人はその会社の状況によってメリットがある場合があるので、消費税の内容を良く理解して制度を有効に利用していくべきですね。ここでは意外と知られていない消費税について、ご説明していきたいと思います。


「消費税の還付を知る」記事メニュー

QLOOKアクセス解析