企業買収の価値を判断する

企業買収の価値を判断する

企業買収に際して、その値段に大きな差が生じることはよくあることです。金額の差が大きくなるのは、企業価値の試算法が買い手によって違うからです。

企業価値の簡単な指標として、株価があります。これは、前提条件として株価が企業の価値を適切に反映している必要があります。株価が不適切に変わるようでしたら、その指標は信用できません。株価は、企業価値の参考とするのはいいのですが、株価だけに頼って企業価値を測るには適切とは言えません。
企業価値は、見方によって違います。

DCFという手法は、企業がどれだけ自由にできるキャッシュを生み出せるかを考えた上で、それを現在価値に割り戻して計算するという手法です。この場合、キャッシュをどれだけ生み出せるかが企業価値の指標となります。キャッシュを一番の価値として試算する方法です。

企業の買収において、大切な指標の一つにシナジーがあります。シナジーとは企業の買収によって発生する相乗効果の事です。このシナジーの価値をどう判断するかが、企業買収の判断において難しい点です。シナジーが発生するのかどうかは、未知数だからです。

買収企業、被買収企業は、それぞれに投資銀行や中小企業診断士等の専門家のアドバイスを受けて計算をします。中小企業診断士は、企業価値の算定の知識が必要となります。中小企業診断士には、企業買収や投資プロジェクトの選択(投資評価)に必要な企業価値の問題について、深い理解が求められます。

将来のお金の価値を今の価値に戻すといった現在割引価値の考え方や、株価の理論値の求め方の知識が必要です。


「企業買収も戦略のひとつ」記事メニュー

「中小企業診断士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析