日本企業の買収は増える?

日本企業の買収は増える?

中小企業診断士は、経営やコンサルティング業務に関する唯一の国家資格です。中小企業を中心に経営の合理化などを推進するためのコンサルティング業務を行う仕事です。成長戦略の一環として、企業買収を行うための投資評価や企業価値を算定するなどの仕事も行います。

中小企業診断士は、企業の現状の分析のみならず、消費の分析の知識も必要となります。不況時、同職の日本企業による企業買収が発生する可能性があるからです。

他の企業からの買収を攻防するために、消費者の行動を分析して需要曲線を導き出し、企業の行動分析から供給曲線を導き出す知識が必要とされます。景気予測や市場調査に役立つ指標に関して、定義、出所、扱い等の知識、予測に対する理解が必要となります。

日本企業は今まで、海外からの買収攻撃に対して、法律によって守られてきました。しかし、自由化の波が押し寄せる中で、それもできなくなってきました。日本の大手企業は合併統合によって、海外からの企業買収に備えて力を蓄える動きをしています。中小企業ではなかなかそういったこともできません。

中小企業診断士は、経営に関するさまざまなアドバイスや社員教育、研修、その他さまざまなことを講義や講習などで行います。こうしたコンサルティング業務を通じて、中小企業が破綻したり、海外の企業に買収されたりすることを防ぐのも役割となっています。業務の内容上、最新の情報をもとに常に最先端の知識を集め、時代の流れに即した対応が求められます。


「企業買収も戦略のひとつ」記事メニュー

「中小企業診断士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析