外資系のコンサルティングの特徴は?

外資系のコンサルティングの特徴は?

コンサルティングと聞くと、外資系のコンサル会社によるコンサル事業をイメージする人も多いと思います。会社経営において、欧米型と日本型で一番違いが大きいのが人事関係です。最近崩れてきているとはいえ、日本はまだまだ終身雇用制という考え方が多いものです。

自社の人事に不安を感じている中小企業の経営者は、人事を中心にコンサル事業を行う外資コンサル会社にコンサルティングを依頼するのもいいかもしれません。

まずは、人事コンサルの種類と特徴を説明しましょう。
個人またはブランド力の強い特定の商品を前面に出して押してくるカリスマ型、売れっ子のコンサルタントが何人かいるプロダクション型、サービスごとに専門家が対応するスペシャリスト型、社員に代わって人事企画業務を代行するアウトソージング型などがあります。

コンサル会社にコンサルを依頼するのは、お金のある大企業のイメージが強いと思います。「うちの会社ではとても無理…」と感じている中小企業の経営者も多いでしょう。そんな場合には、中小企業診断士に依頼するのはどうでしょうか。

最近では、外資系のコンサル会社を辞めて中小企業診断士になる人も増えており、欧米式の会社の考え方を持った診断士も多いようです。逆に、この資格を持つ人を積極的に採用しているコンサル会社も増えているようです。

外資系コンサル会社にコンサルティングを希望する中小企業の経営者は、中小企業診断士が所属しているコンサル会社を探すことをオススメします。


「コンサルティングについて」記事メニュー

「中小企業診断士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析