中小企業診断士は企業情報を扱うプロ

中小企業診断士は企業情報を扱うプロ

中小企業診断士は、中小企業の経営者を助けるために、中小企業の経営の診断をして助言を行う専門家です。この資格は、法律に定められた国家資格で、経済大臣によって登録されるのです。一定のレベルを持った人を登録することで、企業としても経営を相談する人を探しやすくなります。

中小企業基本法では、経営のコンサルタントをする人として位置づけられています。その業務を達成するために、企業が成長するためにどのような方法をとればいいのかという専門的な知識を持っています。そして、企業と、行政・金融機関のパイプ役もします。

そして、中小企業診断士もコンサルタントなどを依頼する企業の側もお互いに信頼関係を築いていくことが大切です。もちろん、コンサルタントによって知り得た企業情報については、守秘義務があるので外に漏らすことはありません。

また、時代にあったコンサルティングをするためにも、経営のニーズなども多様化するため、様々な調査研究を行い、企業の動向や行政や社会の動きなどについて、様々な情報をつかむ必要があります。
例えば、商店街の中小企業の発展を考える時も、「人口が減少してきた」、「駐車場を確保することが難しい」などいろいろな要因が大きな影響を及ぼすことでしょう。

また、大型店の進出などの企業情報も調査して把握しなければなりません。そして、行政がそのことへの対策をどのように講じているかも大切なことです。中小企業診断士は企業情報を大切に取り扱い詳しく知らなければいけない仕事なのです。


「企業情報をつかむ」記事メニュー

「中小企業診断士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析