企業の経営情報を把握するには

企業の経営情報を把握するには

今、中小企業の経営は非常に苦しいものがあります。しかしながらいずれはこの不況も過ぎ去って活力のある社会へと変化していきます。経営者は企業情報を正確に把握し、展望を持った企業経営をするべきであることが、中小企業診断士から提案されています。

この不況が去った時に役目を終えた産業や、変わっていく産業、新しく興る産業などがあり、企業の形態が変わっているのではないかと見ている中小企業診断士もいるのです。

その中味は、まず一つ目はインターネットの利用が発展するのではないかということです。新しいOSよりもインターネットのサービスに対する関心が集まって、一般的に企業でよく使われているワープロソフトや表計算ソフトなどもネット上で使われるようになっていくといいます。

インターネット上の取引がますます盛んになり、中小企業はホームページを持ち企業情報を発信すべきだと思われます。世界経済は、新しい国が重要な役割を果たしてくるようになりました。また、企業は外国に工場を進出したり、外国に自社の製品を売ったり、外国の人を雇用したりといった具合に地球規模の展開をするようになると言います。中小企業にもその流れはくるようです。

地球温暖化を防止するために環境対策が叫ばれるようになりました。アメリカの政策として、新しいエネルギーに対しての産業が提案されていましたが、これからは新しいエネルギーに対する期待が高まってくると言います。

こうした未来の企業情報をつかみ、長期的な展望を持った中小企業診断士とともに、企業を発展させていくための方法を考えていくべきでしょう。


「企業情報をつかむ」記事メニュー

「中小企業診断士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析