中小企業診断士による企業再生とは

中小企業診断士による企業再生とは

中小企業は景気の影響などを受けやすく、経営の状況が悪化している企業も増えています。
そのような企業の企業再生は中小企業診断士の助言を得て解決すると、経営者には見えない企業の実態を正確に掴むことが出来ます。

中小企業診断士による企業再生の重要なポイントは3つあります。

第一に戦略・事業計画の見直しです。
そのためにはまず、現状をしっかりと把握する必要があります。損益計算書や貸借対照表、資金のキャッシュフローを元に問題点を見つけ出します。何に対して損益が出ているのか、どこにお金の流れが滞っているのか、これらの問題を定量的に判断します。

次に事業の見直し、仕組み、制度や組織の変革です。
事業の見直しとしては、目標設定が重要です。しかし、無理のある目標を立てても実現しなければ意味がないので、実現可能な目標を立て、それを確実に達成していきます。
事業の仕組みの改革は、非効率的な業務内容の見直しです。業務の流れを効率化して、経費削減を目指します。制度や組織の変革も同じ考え方です。不要な制度や組織を洗い出し、それらの構造を改編します。このとき、どうしても人員の整理から逃れることができません。多少の人員整理は覚悟する必要があります。

最後に社員の意識改革です。
いかに無駄のない仕事をするか、常に一番効率的な仕事の方法を考えるなど、社員一人一人の意識の改革が必要です。このような内容について中小企業診断士のアドバイスを受けながら、企業再生をすることで、堅実な企業運営へと繋がります。


「中小企業診断士と企業再生」記事メニュー

「中小企業診断士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析