企業再生支援機構とは

企業再生支援機構とは

NPO法人である企業再生支援機構は、様々な分野の専門家がトータルに企業の再生をサポートするシステムが用意されています。中小企業診断士だけでなく、時には弁護士や会計士なども再建チームとして再建に向けて建設的な提案をしてくれます。

企業再生支援機構では企業の再生を2つのパターンに分けて対応します。まずは、「債権回収」を検討します。不動産処分や経費の見直し、経営計画の改善などです。それだけでは再建が難しい場合は「不良債権処理」の検討に移ります。この場合は債務処理の専門家に加わってもらい、営業の譲渡や私的財産の整理、最終的には民事再生などを行います。

まずは企業の状態を正確に把握することが必要なので、相談は無料で行っています。中小企業診断士などを含めたアドバイザリーチームが相談に応じてくれます。そして企業の再生に向けての検討委員会を立ち上げて、それぞれの企業の持つ問題点を洗い出します。その再建計画に同意し、受け入れることを承諾した場合はアドバイザリー契約を締結します。

そして金融機関と相談の上、企業の状態に応じた再生案を本格的にアドバイザリーチームにより計画し、実行に移すのです。企業再生支援機構では、初期相談から考えられる再生案の作成までは無料なので、再建を相談できる中小企業診断士が身近にいない場合は、問い合わせてみる価値があるでしょう。

経営に危機を感じたら、早めに相談することが大切です。重大な危機に陥る前に相談することで、解消出来る問題である場合も考えられるからです。


「中小企業診断士と企業再生」記事メニュー

「中小企業診断士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析