経営戦略としての企業合併

経営戦略としての企業合併

企業の経営戦略の一つとして、合併による方法が考えられます。
中小企業診断士の目によると、合併による事業継承を行うには、その企業や事業の価値、株式の価値を正確に評価することが必須となると言います。

合併に際しては、企業診断により、その有効性を診断する必要があるかと思われますが、合併により事業が迅速に新たなものに構築されると、競争力が強化され、時代の流れや環境の変化に対応していく可能性があります。すでにある会社を活用する方法は次のようなものがあります。

吸収合併は、合併によりどちらかの会社が消滅しますが、その権利義務を残る会社が継承します。吸収分割は、株式会社または合同会社が分割後、他の会社に、その会社が持つ権利義務を全て譲り継承させます。事業譲渡は、事業の全部か一部を他の会社に渡してしまうものです。
これらの手続きには専門家のアドバイスが必要です。中小企業診断士は、このような時に会社を助け企業診断を行いスムースに企業合併が行われるようにします。

企業合併はいろいろな問題点が挙げられます。労働面では、複数の企業が合同する場合には出身企業によって賃金水準や労働時間が異なるでしょう。合併した後の人員削減の問題点もあります。社員の中の誰が残り、誰が去るのかの問題がまずあります。
去っていく社員に対しては、新しい就職先を斡旋したり、残る社員にはその後のケアも必要です。新しい組織になることで、重複する管理職をどのようにするのか、就業規則などの統合をどうするのかといった問題もあります。

このようなことがあると、中小企業診断士の助けが必要となるかもしれません。企業をうまく経営するためにも企業診断を受けて再出発をはかる必要があるでしょう。


「基本的な企業診断」記事メニュー

「中小企業診断士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析