業績改善は企業経営診断から

業績改善は企業経営診断から

世界的な景気後退の中で、中小企業も苦しい経営状況に置かれていることが多いと思われます。この環境の中で、中小企業が業績を伸ばしていくためには、経営の改善を行うことが何より大切です。

中小企業診断士に経営コンサルタントを受ける時に、まず自分の企業の営業の仕方について企業診断を受けることから始まります。売上が伸びない、無駄なコストがかかってしまう、その結果利益が上がらない、など経営に関する悩みは様々でしょう。

しかし、中小企業の社長としてはなぜそのようなことになっているのかなかなか原因が分からないものです。この時に、中小企業診断士による経営診断を受けるのです。

経営のどこに無駄があるのか企業診断を受けてみると、組織のあり方に問題があったり、企業の運営に問題があったり、いろいろな問題点が見つかります。その企業の長所と短所が中小企業診断士の指摘や助言などによって正確に把握することができます。その結果、どのようなことが課題で、その課題にどのように取り組んでいいのかがはっきりしてくるのです。経営の問題は、人、お金、技術、情報処理、組織の問題が複雑に関係しています。

これらはどのような業種でも共通点が多いので、どのような業種であっても企業診断を受けて、経営の問題について考えることは有効なのです。経営診断の流れは、事前の打ち合わせから始まり、経営診断を行い、その結果をまとめて報告します。

この報告に基づいて、今後どのように経営を改善していけばいいかをアドバイスします。実際の例としては、自動車部品を製造する中小企業が経営診断を受け、業務システムの改善のアドバイスをしてもらったところ、在庫が30%減ったということがあります。このように業績改善のために企業経営診断を中小企業診断士に相談する企業が増えてきています。


「基本的な企業診断」記事メニュー

「中小企業診断士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析