企業戦略をたてるには

企業戦略をたてるには

中小企業の経営のためには、どのような企業戦略を取るかが大切なのでしょう。

例えば、「売上を伸ばすためにできるだけ少ない元手で簡単な方法で行うにはどうすればいいか」といったことを考えるには、客がどのような物を必要としているか、自社と競合している会社の存在はないかなど様々なことを考えながら、企業としての戦略を練る必要があるでしょう。
中小企業診断士は、企業戦略に対しても企業診断を行い、適切なアドバイスを与えていきます。

A社は、古くから観光地でお土産を売っているお店で、修学旅行生をターゲットとする低価格のお土産や、一般のお客をターゲットとする高価な骨董品までを扱っていました。しかし、観光客の数が低迷すると共にA社の売上も落ちていきます。

観光客が少ないため、A社だけでなく、他のお土産物屋も経営が危機に陥り、店を閉め、電気代がもったいないので昼間も電気を消したりするので、また客が遠のくという悪循環を繰り返していました。企業診断をした結果中小企業診断士の提案で新たな企業戦略を実行することになりました。

具体的には、競合しない他の店の展示即売コーナーを目立つところに設けることでお客さんに来てもらう。目立つところに売れる商品を並べて店の中ではなく、通路面で商品を売れるようにする。店の雰囲気を変えたり、入店しやすいレイアウトにするなどの方法をとりました。

このように、中小企業診断士は、その経営に関する知識を生かして、企業診断をして有効な企業戦略を提案します。


「基本的な企業診断」記事メニュー

「中小企業診断士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析